Waffle Cell v1.5b 搭載 "Stick" わずか50g!

◆ 超小型の個人向けサーバー登場

Waffle Cell は個人サーバーへと進化を続けます

本体 → 仮想デスクトップの画面 → アクセスはPCやタブレット、スマホから!

シリンダー型小型Waffle Cellもあります

◆ 4大機能

  • NAS(ファイルサーバー)
     → 出先からもアクセス可能
  • ファイルシェア(≒DropBox)
     → もう人にデータは預けない
  • メールサーバー(≒GMail)
     → メールアドレスを自由に発行可能
  • 仮想デスクトップ(シンクライアント)x2台 ≒遠隔操作できる内蔵パソコン
     → 上の写真を参照

◆ Waffle Cell "Stick" でできること

  • 簡単起動
    電源コードを入れ、スイッチオン! モニターやキーボード不要!
  • NAS(ファイルサーバー機能)
    NASとして、VPN経由で出先からもデータを利用可
  • ファイルシェア
    DropBoxと同じような機能をご自身で運営。 複数デバイス(PC、タブレットなど)でデータを共有。
  • メールサーバー
    GMailと同じような機能をご自身で運営
  • 仮想デスクトップ機能
    2人のユーザーが「仮想デスクトップ≒内蔵されたパソコン」を持つことが可。 PCやMac、スマホ、タブレットから遠隔操作。 出先から操作ができ、 一部Windowsのソフトもインストール可能(例:知子の情報, MS Office 2010, 2013)
    仮想デスクトップについての詳しい説明
  • VPN接続
    外出先など、LANの外からVPN接続可能(L2TP/IPsec)。
  • ※Waffle Cell "Stick"の中にWindowsをインストールすることはできません。
    ※既にWaffle Cellを設置している回線には追加設置できません。

◆ ハードウェア仕様
 重量  54g
 サイズ  37(W)×103(D)×12(H)mm ※突起部除く
 CPU インテル® Atom™ プロセッサー Z3735F(4コア、1.33GHz)
 メモリ  DDR3L(1.35V、1333 MHz、2GB)
 記憶媒体 標準:32GB(ユーザー領域は約20G) / 128GBモデル(ユーザー領域は約110G)
 価格 標準モデル 19,800円(税別、送料別)
128Gモデル 29,800円(税別、送料別)




サーバーなのに、ガラケーよりも小さい!




『Waffle Cell Stick』 vs 『Waffle Cell』
  Waffle Cell Stick Waffle Cell
ファイルサーバー機能 有り 有り
VPN 一部制限あり(※) 使用可能(制限なし)
仮想デスクトップ 2ユーザーまで 最大10ユーザーまで
記憶媒体 32〜128GB HDD 最大8TB
その他 仮想のWindowsPCの「内蔵」不可 仮想のWindowsPCの「内蔵」可能

※ 例えば同じ喫茶店にある二台のPCやタブレットから同じ回線を経由し、同時に自宅の Waffle Cell StickにはVPN接続が出来ません。

【注意】
  1. 標準モデル(32GB)を購入し、ご自分でSDカード(128GB)を入れることはできません。 その場合は最初から128GBモデルのご購入をお願いします。
  2. Waffle Cell Stickの中にWindowsをインストールすることはできません。
  3. 既にWaffle Cellを設置している回線には追加設置できません。

[ビデオ]Waffle Cellの仮想デスクトップにブラウザでアクセスしている様子