モニターを持ち運ぶ未来感覚



PC、スマホ、タブレットがモニターに変身


複数の「モニター」に仮想デスクトップを表示した応用例です

シンクライアント

  • モニターだけを持ち運べれば

    スマホやタブレット、PCがどこにでも持ち運べるモニターだったらどんなに便利でしょうか。 想像してみて下さい。

  • 別名「シンクライアント」

    大手企業でなくては導入出来なかったシンクライアントを個人や中小零細企業でも実現できます。

    • データやアプリは自宅や社内のWaffle Cell内にあります
    • タブレットを紛失しても「モニターをなくすだけ」・・・データはWaffle Cell内にあります
    • グラフィカルなウインドウシステムを標準で装備しているのですぐに使えます
    • 必要に応じてWaffle Cellの中にインストールしたWindowsも利用可能です
    • さらに既にあるWindowsPCをスマホやタブレットからも利用可能です

  • クラウドから反クラウドの新しい世界

    クラウドの「集中による問題点」を回避したいのであれば、自分のPCにデータやサービスを戻す必要があります。 そこからさらに一歩進んで自分自身のクラウド(サーバーとサーバに組み込んだサービス)を持つ、それが反クラウドです。
    集中の問題を抱えたクラウドをやめ、大手企業や技術者しか出来なかったサーバを個人の手に!それが反クラウドです

  • 標準で使える仮想デスクトップ

    完全なウインドウシステムである「仮想デスクトップ」を標準で装備しているので、 すぐにオフィース製品をはじめメールクライアントが利用できます。 モニターとして使いたいPCやスマホ、タブレットをWaffle Cellに接続するだけです。 さらに一台のWaffle Cellに複数の仮想デスクトップを持てるので、家族や社員で文字通り共有できます。