VPN Managerのプロパティの一覧にL2TP/IPSecが表示されない

【通常の場合】
Waffle Cell VPN Manager → 設定の編集 → プロパティの[セキュリティ]タブ → L2TP/IPSec → 詳細設定
で事前共有キーを入力します。

【表示されない場合】
しかし、何らかの原因により、[セキュリティ]タブの一覧に
L2TP/IPSecが表示されない → 詳細設定が表示されない → 事前共有キーを入力できない
場合があります。

その場合はコントロールパネルから設定可能です。
下記の手順で設定してください。(Windows7の場合)

(1)スタートボタン → コントロールパネル → ネットワークと共有センター
新しい接続またはネットワークのセットアップ クリック
vpn01

(2)職場に接続します クリック
vpn02

(3)いいえ、新しい接続を作成します クリック
vpn03

(4)インターネット接続(VPN)を使用します クリック
vpn04

(5)インターネットアドレス欄に ホスト名+wafflecell.com 入力。(L.は付けない)
接続先の名前欄はそのままでOK。
Windows7の場合「今は接続しない」にチェックを付ける。
vpn05

Windows10の場合「今は接続しない」のオプションがない。
「作成」クリックで、(7)に飛ぶ。

(6)
ユーザー名 → Waffle Cellユーザー名(一般ユーザー名)入力
パスワード → Waffle Cellパスワード(一般パスワード)入力
パスワードを記憶するにチェック。
「作成」をクリック → 接続の使用準備ができるが、
現時点で事前共有キーを設定していないので、まだ接続しない「閉じる」クリック。
vpn06

(7)最初の(1)の画面に戻り「アダプターの設定の変更」クリック
作成した「VPN接続」を右クリック → プロパティ
vpn07

(8)[セキュリティ]タブ → VPNの種類 → L2TP/IPSec選択
[詳細設定]で事前共有キー入力。
画面下部のオプションは3番目の「Microsoft CHAP…」にチェックを付ける。
vpn08

(9)上記(7)の画面の「VPN接続」をダブルクリック。

これでVPN接続できます。

【次回以降のVPN接続】
上記(1)~(9)の手順で設定した場合、次回以降のVPN接続で
Waffle Cell VPN Manager を使いません。

タスクトレイにあるネットワークアイコン → 接続先の名前(今回は「VPN接続」)クリック
でVPN接続します。