Chromebookで作成したファイルをWaffle Cellに保存

Q:Chromebookで作成したワープロ文書、表計算ファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存するにはどうしたらいいか。

 

A:Chromebookで文書作成して保存しようとすると、保存先としてGoogleドライブ、ダウンロード(ローカル領域)はありますが、Waffle Cellのファイルサーバーはありません。

下記サイトに従って、「File System for Windows」をChromebookにインストールするといいでしょう。

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

「File System for Windows」をインストールしたら各項目を下記の通り入力するといいでしょう。

(1) サーバーのIPアドレス
→ L.<ホスト名>.wafflecell.com 例:L.example.wafflecell.com
(2) アクセスするユーザー名 → Waffle Cellユーザー名
(3) ユーザーのパスワード → Waffle Cellパスワード
(4) サーバーの端末名 → Waffle Cellユーザー名

上記インストール後、
Chromebook付属のテキストエディタで文書入力 → 保存をクリックすると、それまで出なかった
 L.<ホスト名>.wafflecell.com
がサイドメニューに表示され、テキストファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存することができるようになります。

Chromebookで仮想デスクトップ接続

Chromebookで仮想デスクトップに接続する方法は2つあります。最初は【 1 】ブラウザからログインし、慣れてきたら【 2 】VNC Viewerでログインするといいでしょう。

【 1 】Chromebookのブラウザ
Waffle CellのTopページ(https://L.<ホスト名>.wafflecell.com) → 仮想デスクトップログイン

【 2 】VNC Viewer
(1)いつものchromeウェブストアで、VNC Viewer for Google Chromeをインストール。

(2)Chromebookのキーボード左端の虫めがねのようなキーを押下。
アプリ一覧からVNC Viewer for Google Chromeを選択。

(3)VNC Viewerのログイン画面。(長いので写真では途中で切れている)
 https://L.<ホスト名>.wafflecell.com:<VNC番号>
 例:https://L.nishiyama.wafflecell.com:5901

VNC番号は、Waffle CellのTopページ → 仮想デスクトップで、一覧表示される。

(4)「Unencrypted Connection」という警告が出たら Connect クリック。

(5)Chromebook用のVNC Viewerで、仮想デスクトップを表示できました!

Waffle Cell2台もしくはWaffle Cell+NASを設置したい

Q1:事務所にWaffle Cell v1が設置されている。v1はまだまだ使えるのでv1も使いつつ、v2を新規導入することはできるか。

Q2:Waffle CellとNASを同じ事務所に導入できるか。

 

A:可能ですが外から接続できるのはどちらか1つになります。もう1つは社内LAN専用となります。

外から接続しようとした → 接続可能な機械が2台ある → 接続できない

となってしまうためです。下図はQ1のケースです。

【接続のイメージ】

ローカルPCからv1・v2両方にアクセス可能。
外部のPCからはv2のみにアクセス可能。

 

設定の手順。(v1を社内LAN専用とします)

(1)同じルーターにWaffle Cell v1とv2を接続する。
(2)v1をDMZ設定する。

 

Waffle Cell v1でDMZ設定にする:

(1)ローカルPCのブラウザで下記アクセス。
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ (例 https://L.example.wafflecell.com)
画面右下「管理ページ」から「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れログイン。

(2)ログイン後、画面右「DMZオプション設定」をクリックし、DMZを有効にする。これでDMZ設定終了。

ここではWaffle Cell v1は外から接続しないので、ルーターにv1のローカルIPを設定するなどの作業はしません。

 

v1 → v2 ファイルコピー

v1のホスト名をwc1、ユーザー名をuser1、
v2のホスト名をwc2、ユーザー名をuser2とします。

ローカルPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、そのアドレスバーに
¥¥L.wc1.wafflecell.com¥user1¥ と入力。通常のファイルコピーの要領で、
¥¥L.wc2.wafflecell.com¥user2¥ にコピーすることができます。

仮想デスクトップ・仮想PCからDVDドライブにアクセス(v2)

仮想デスクトップ・仮想PCからWaffle Cell本体のDVDドライブにアクセスできません。ローカルPCのドライブにDVDを挿入し、Waffle Cellのファイルサーバーにコピーしてください。

例:
ローカルPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)起動。
DVDドライブはFドライブとした場合
FドライブのDVDの内容 → ¥¥L.example.wafflecell.com¥suzuki¥dvd¥
にコピーすることができます。

ファイルサーバーにコピー後、仮想デスクトップ・仮想PCから
¥¥L.example.wafflecell.com¥suzuki¥dvd¥ にアクセスしてください。

サービス削除がうまく行かない(v2)

Q:追加したサービス(Nextcloud等)を削除しようと思い、「サービス削除」を実行したが、削除されない。

 

A:「サービス一覧 アップデート」を実行した後に
「サービス追加」されたプログラムでないと
「サービス削除」されない場合があります。

下記手順をお試しください。また、一度削除してまっさらな状態から「サービス追加」をやり直したいという場合も下記(4)の後から行ってください。

(1)ローカルPCのブラウザで、Waffle CellTOPページ
L.<ホスト名>.wafflecell.com
を開き、管理TOPページ ログイン。

(2)[高度な設定]サービス追加削除(一般) → [アップデート]サービス一覧 アップデート 実行。

(3)削除できないプログラムの「サービス追加」を実行。

(4)該当プログラムの「サービス削除」を実行。

VPN接続を同時に複数ユーザーができるか

「VPN接続だけ」であれば10人以上でも同時に接続可能です。ファイルサーバーにアクセスして、ファイルのコピー削除等を行うことができます。

但し、例えば仮想デスクトップであれば動作に多くのメモリを必要とするので、多くのユーザーが同時ログインするのは無理です。

仮想デスクトップで、Waffle Cellを終了・再起動したい

Q:何らかの理由により管理ページが開かなくなった。本体の電源ボタンを長押しする前にソフト的にWaffle Cellを再起動したい。

A:仮想デスクトップが開くのであれば、[端末]画面から終了・再起動をすることができます。仮想デスクトップ画面左上[アプリケーション] から[端末]を起動し、下記のように入力してください。

su <Waffle Cell 管理者名>
sudo su
shutdown  -h  now → 終了
shutdown  -r  now → 再起動

※パスワードの入力を求められるので、Waffle Cell管理者パスワードを入力します。

ファイルサーバー上のファイルを変更できない

Q:ファイルサーバー上に保存されているファイルを変更した後保存できない。表示・印刷は問題なくできる。

A:ファイルのアクセス権限を下記の手順で確認します。

(1)仮想デスクトップを起動。
(2)画面左上、[場所] → 該当ファイル右クリック → プロパティ → [アクセス権]表示
access
ここで[アクセス]が「読み書き」になっているか確認します。

※もし「読み書き」がグレー表示になっている場合
「所有者」はjiroになっています。Aさんが作成したファイルのプロパティをBさんが開くとこのようにグレー表示に なります。この場合は「所有者」に「読み書き」に変更するよう依頼してください。

また「読み書き」に設定したにも関わらず、設定が反映されない場合はWaffle Cellを再起動してください。再起動の仕方につきましてはコチラをご覧ください。

DELLのWindows10からVPN接続できない(エラー780)

他のデバイス(Windows10、タブレット等)からは問題なくVPN接続できるのに、DELLのWindows10からのみVPN接続できない場合があります。

特徴として
・有線LANからはVPN接続できる
・無線LANからはVPN接続できない
という現象が上がっています。またエラー番号は780が出ます。

その場合の対応策として、DELLのWindows10にインストールされている
SmartByte
をアンインストールしてください。

ビデオの視聴速度や品質を上げるソフトだそうです。お使いでなければ「設定」→「アプリ」を開いてSmartByte関連のアプリ2つをアンインストールしてください。

参考HP(taracohouse)

owncloud クライアントソフトの文字化け

owncloud、クライアントソフトをインストールするため、クライアントソフトをダウンロード → 実行しました。すると画面が下図のように文字化けしてしまいます。

ocbake

その場合下記ページ、Changelog クリック → Release 2.3.0 March 3rd 2017
をダウンロードしてください。

http://owncloud.org/sync-clients/