カテゴリー別アーカイブ: その他

Waffle Cellが遅い

Q:弊社スタッフがWaffle Cellを使っていますが、Waffle Cellが遅い(重い)と言われています。対策はありますか。またWaffle Cellは1度に何人まで使えますか。

 

A:遅くなる原因としては

(1)回線
(2)メモリ不足によるスワップ
(3)RDPの設定

です。確認方法は

(1)別の回線経由で試してみる。
Waffle Cellと同じLAN内にあるPCが遅い場合、以下の2つを確認してください。
(2)メモリを 確認する。
同じLAN内にあるローカルPCで「アプリ画面」を開き、[高度な設定]各種情報の「利用可能メモリ」が表示されます。サクサクに使うには、仮想デスクトップはユーザー1人当り2GB、仮想PC(Windows)はユーザー1人当り3~4GBを必要とします。
(3)RDPの画面色数を16ビット以下にします。

 

1度に何人くらいまで使えるかという点ですが、使う機能により異なり、一概には言えません。Nextcloud, Mattermostであれば数十人でも大丈夫です。ファイルサーバー(NAS機能)を使う場合もコピーするファイルサイズによります。

Chromebookで作成したファイルをWaffle Cellに保存

Q:Chromebookで作成したワープロ文書、表計算ファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存するにはどうしたらいいか。

 

A:Chromebookで文書作成して保存しようとすると、保存先としてGoogleドライブ、ダウンロード(ローカル領域)はありますが、Waffle Cellのファイルサーバーはありません。

下記サイトに従って、「File System for Windows」をChromebookにインストールするといいでしょう。

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

「File System for Windows」をインストールしたら各項目を下記の通り入力するといいでしょう。

(1) サーバーのIPアドレス
→ L.<ホスト名>.wafflecell.com 例:L.example.wafflecell.com
(2) アクセスするユーザー名 → Waffle Cellユーザー名
(3) ユーザーのパスワード → Waffle Cellパスワード
(4) サーバーの端末名 → Waffle Cellユーザー名

上記インストール後、
Chromebook付属のテキストエディタで文書入力 → 保存をクリックすると、それまで出なかった
 L.<ホスト名>.wafflecell.com
がサイドメニューに表示され、テキストファイルをWaffle Cellのファイルサーバーに保存することができるようになります。

Waffle Cell2台もしくはWaffle Cell+NASを設置したい

Q1:事務所にWaffle Cell v1が設置されている。v1はまだまだ使えるのでv1も使いつつ、v2を新規導入することはできるか。

Q2:Waffle CellとNASを同じ事務所に導入できるか。

 

A:可能ですが外から接続できるのはどちらか1つになります。もう1つは社内LAN専用となります。

外から接続しようとした → 接続可能な機械が2台ある → 接続できない

となってしまうためです。下図はQ1のケースです。

【接続のイメージ】

同じLAN内にあるPCからv1・v2両方にアクセス可能。
外部のPCからはv2のみにアクセス可能。

設定の手順。(v1を社内LAN専用とします)

(1)同じルーターにWaffle Cell v1とv2を接続する。
(2)v1をDMZ設定する。

Waffle Cell v1でDMZ設定にする:

(1)同じLAN内にあるPCのブラウザで下記アクセス。
https://L.<ホスト名>.wafflecell.com/ (例 https://L.example.wafflecell.com)
画面右下「管理ページ」から「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れログイン。

(2)ログイン後、画面右「DMZオプション設定」をクリックし、DMZを有効にする。これでDMZ設定終了。

ここではWaffle Cell v1は外から接続しないので、ルーターにv1のローカルIPを設定するなどの作業はしません。

v1 → v2 ファイルコピー

v1のホスト名をwc1、ユーザー名をuser1、
v2のホスト名をwc2、ユーザー名をuser2とします。

同じLAN内にあるPCでエクスプローラー(Windowsキー+E)を起動し、そのアドレスバーに
¥¥L.wc1.wafflecell.com¥user1¥ と入力。通常のファイルコピーの要領で、
¥¥L.wc2.wafflecell.com¥user2¥ にコピーすることができます。

VPN接続

上図の例で、LANの外側にあるPCからWaffle CellにVPN接続する場合、v2にVPN接続します。

v2にVPN接続できれば、上記「v1 → v2 ファイルコピー」の要領でv1のファイルサーバーに接続可能です。

v1でownCloudクライアントソフトを使い、LANの外側にあるPCでファイルの同期を取る場合も、v2にVPN接続してください。

 

 

 

 

サービス削除がうまく行かない(v2)

Q:追加したサービス(Nextcloud等)を削除しようと思い、「サービス削除」を実行したが、削除されない。

 

A:「サービス一覧 アップデート」を実行した後に
「サービス追加」されたプログラムでないと
「サービス削除」されない場合があります。

下記手順をお試しください。また、一度削除してまっさらな状態から「サービス追加」をやり直したいという場合も下記(4)の後から行ってください。

(1)ローカルPCのブラウザで、Waffle CellTOPページ
L.<ホスト名>.wafflecell.com
を開き、管理TOPページ ログイン。

(2)[高度な設定]サービス追加削除(一般) → [アップデート]サービス一覧 アップデート 実行。

(3)削除できないプログラムの「サービス追加」を実行。

(4)該当プログラムの「サービス削除」を実行。

owncloud クライアントソフトの文字化け

owncloud、クライアントソフトをインストールするため、クライアントソフトをダウンロード → 実行しました。すると画面が下図のように文字化けしてしまいます。

ocbake

その場合下記ページ、Changelog クリック → Release 2.3.0 March 3rd 2017
をダウンロードしてください。

http://owncloud.org/sync-clients/

よくある質問リンク集(Waffle Cell Stick)

よくあるご質問・疑問につきまして下記ページをご覧ください。

◆ 各種設定やユーザー、サービスの追加などについての詳しい説明はこちらです。
 取扱説明書トップページ

◆ Waffle Cell Stickのリブート・シャットダウンはこちらです。
 Waffle Cellの電源を切る方法は?

◆ 主要機能 取扱説明書の中でよく使われる機能です。
・仮想デスクトップの起動・終了の仕方など、基本的な事が記載されています。
 Waffle Cellの仮想デスクトップについて

・ファイルサーバー機能。
 サーバー上にファイルを保存して各ローカルPCからアクセス可能です。
 ファイルサーバー

・タブレットからWaffle Cellに接続する具体的な方法です。
 タブレットでのリモートデスクトップ接続

・VPN接続。OSごとについての説明です。
 VPN接続について → Mac
 VPN接続について → iPhone・iPad
 VPN接続について → Windows7
 VPN接続について → Windows8
 VPN接続について → Windows10

◆ 一般ユーザー名の追加
お客様ご自身が一般ユーザー名を追加する方法です。
 一般ユーザー名の追加

◆ サービスの追加方法
スマホでアプリを追加できるように、Waffle Cell Stickには、予め用意してある「サービス」を追加できます。
 サービス追加

◆ サービス追加の例
よく利用されている「ownCloud9」を紹介します。
 ownCloud9

よくある質問リンク集(プレインストール機)

よくあるご質問・疑問につきまして下記ページをご覧ください。

◆ 各種設定やユーザー、サービスの追加などについての詳しい説明はこちらです。
 取扱説明書トップページ

◆ Waffle Cell Stickのリブート・シャットダウンはこちらです。
 Waffle Cellの電源を切る方法は?

◆ 主要機能 取扱説明書の中でよく使われる機能です。
・仮想デスクトップの起動・終了の仕方など、基本的な事が記載されています。
 Waffle Cellの仮想デスクトップについて

・仮想デスクトップ&仮想PCは混乱しがちです。両者の違いについての説明です。
 仮想デスクトップ・仮想PCの違いについて

・ファイルサーバー機能。
 サーバー上にファイルを保存して各ローカルPCからアクセス可能です。
 ファイルサーバー

・タブレットからWaffle Cellに接続する具体的な方法です。
 タブレットでのリモートデスクトップ接続

・VPN接続。OSごとについての説明です。
 VPN接続について → Mac
 VPN接続について → iPhone・iPad
 VPN接続について → Windows7
 VPN接続について → Windows8
 VPN接続について → Windows10

◆ その他の機能
プレインストール機を購入された場合、弊社で一般ユーザー名を1件登録して出荷しています。その後お客様ご自身が一般ユーザー名を追加する方法です。
 v1 →  一般ユーザー名の追加
 v2 →  Waffle Cellユーザー名の追加

VNC Viewer で文字が滲む

VNC Viewer(RealVNC)を使っていると文字が滲んだような状態で表示される場合があります。その場合、オプション設定で解決します。

vncoption

オプション → [Diplay]タブ → Scaling で
Scale to window size になっていると滲んで表示される場合があるので、
No scaling に設定します。

管理者パスワード・一般パスワードの変更

【Ubuntuに詳しい方へ】
コマンドライン(ルート権限による)での設定は行わないでください。システムに矛盾が発生してしまいます。

「管理者パスワード」を変更するには下記の手順で行ってください。

  1. L.<ホスト名>.wafflecell.com を開く。
  2. 画面右下 管理ページ クリック。
  3. サービス追加 → 社内システム → 管理者パスワード変更機能 クリック。
  4. 管理ページに「管理者パスワード変更機能」が追加されるので、そこから管理者パスワードを変更。

「一般パスワード」を変更するには下記の手順で行ってください。

  1. L.<ホスト名>.wafflecell.com を開く。
  2. 画面右下 管理ページ クリック。
  3. ユーザー設定 → 既存Server 一般ユーザー設定変更/削除
  4. 変更後の一般パスワードを「新規パスワード」欄に入力。
  5. 管理者ユーザー名・管理者パスワード入力。
  6. [編集内容を確定する]をクリック。

仮想PCのWindowsを10にアップデート

期間終了後も続いているWindows10の無償アップデートの仕方です。

(1) 事前の注意点
Windows7やWindows8で問題がない場合は何もしないのも選択肢の一つです!
仮想PCのWindowsのタスクトレイにある 田 をクリックしてもWindows10にアップグレードできません。

(2) Windowsの確認
仮想PCのWindowsが32か64bitか、Windowsキー + Breakでシステム起動して確認します。
何bitか確認したら仮想PCのWindowsを終了します。

(3) 仮想PCのWindowsをバックアップ
こちらの説明にそって仮想PCのWindowsをまるごとバックアップします。
→ このバックアップにより万一の場合、元のWindowsへ戻すことが可能です

Windowsのバックアップは必ず実行して下さい。

(4)自動アップデート
仮想デスクトップの画面左上 アプリケーション → システムツール → Oracle VM VirtualBox クリック。
下図に従ってVirtualBoxのバージョンを「Widnows10」にします。32か64かを注意して選択して下さい。

VirtualBox からWindowsを起動し、Windows10にアップグレードします。

w10vb

(5) Windows10のダウンロード
仮想デスクトップ画面左上 アプリケーション → インターネットからブラウザを選択してください。
以下のサイトから「Windows10」をダウンロードします。ダウンロードしたisoファイルを
例えばデスクトップにコピーします。32か64ビットかの選択を注意して下さい。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

「Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード」
という画面が開いたら、画面の指示に従ってダウンロードしてください。

※仮想PC(Windows)のブラウザでは、「Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード」の画面が開かないので、上記URLを「仮想デスクトップ」のブラウザのアドレスバーに貼り付けてください。

(6)ISOファイルを光学ドライブとしてマウント
仮想PCのWindowsを起動し、下記画像に従ってISOファイルをマウントします。
w10mt

(7) setup.exe の実行
仮想デスクトップ 画面左上 「場所」クリック。
isoファイルの中にあるsetup.exe実行。
あとは画面の指示に従ってWindows10にアップデートします。
w10iso

(8)VirtualBoxの拡張機能インストール
こちらの説明ページに従い、VirtualBoxの拡張機能インストールします。

【エラーが出た場合】
※1  「CompareExchange128 がサポートされていない」
・アプリケーション → アクセサリ → 端末 クリック。
・「端末」画面で以下のコマンドを実行。
VBoxManage setextradata “名前” VBoxInternal/CPUM/CMPXCH16B 1
ここで「名前」はVirtualBoxで指定しているパソコンの名前

※2 「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。」
VirtualBox → 設定 → システム → [プロセッサー]タブ PAE/NXを有効化のチェックを付ける。
w10nx

※3 下記の画面が表示された場合、そのまま「確認」クリックして進んでください。上記(8)VirtualBoxの拡張機能インストールしていただければ問題ありません。
w10err