ネットワークドライブ接続認証記憶

ネットワークドライブ接続時、「一般ユーザー名」「一般パスワード」を記憶させる方法。

WindowsでSAMBAで設定されたネットワークドライブに接続するとき、「一般ユーザー名」「一般パスワード」を入力します。そのとき、「資格情報を記憶する」にチェックを付けておけば、次回接続時「一般ユーザー名」「一般パスワード」の入力を省略できますが、場合によってはできないことがあります。
sikaku1

その場合、下記の手順で記憶することができます。
Windowsで
コントロールパネル – 資格情報マネージャー – Windows資格情報の追加 クリック
sikaku2

次に表示される画面で下記のように入力。

  • インターネットまたはネットワークのアドレス
    L.<ホスト名>.wallflecell.com  (例 L.example.wallflecell.com)
  • ユーザー名:一般ユーザー名
  • パスワード:一般パスワード

これにより次回からネットワークドライブ接続時の「一般ユーザー名」「一般パスワード」の入力を省略できます。