仮想PCを複数導入できるか

複数の人がWaffle Cellを利用していて、
「私の仮想PCのWindowsを他の人に操作してほしくない」という場合、各人が専用の仮想PCを作り、それぞれにWindowsならWindowsをインストールすることができます。

【 1 】どこに作るか
既存のWaffle Cellユーザーの仮想デスクトップ内に作るか、
新規にWaffle Cellユーザーを作成し、その中に作るかです。

新規にWaffle Cellユーザーを作成する場合

  1. LAN内PCで、
    Waffle Cell トップページ(L.<ホスト名>.wafflecell.com)アクセス。
  2. Waffle Cell管理者名・Waffle Cell管理者パスワードを入力してログイン。
  3. 新規にWaffle Cellユーザー作成。
  4. 新規作成したWaffle Cellユーザーを「仮想デスクトップ」で有効にする

【 2 】作成
Windowsをインストールする仮想デスクトップにアクセスし、画面左上
アプリケーション → システムツール → Oracle VM VirtualBox
で仮想PCを作成し、Windowsをインストールします。

【注意点】
Waffle Cell機本体のメモリが8GBで、VirtulBoxに既にWindows10 64bitインストールされているとします。
既存のWindowsにメモリを余裕を持って4GB取っていた場合、3GBに変更した後、2つめのWindowsをVirtulBoxにインストールします。新規にインストールするWindowsのメモリも3GBに設定すれば、3GB+3GBで2GBの余裕があります。
Waffle Cell機本体のCPUの処理能力もポイントになります。あまり遅いCPUの場合、Windowsを2つインストールできてもCPUパワーが追いつかないことも考えられます。

既存の仮想PCのWindowsのメモリ設定を変更するには仮想PCのWindowsをスタートボタンから終了後、仮想デスクトップ画面左上
アプリケーション → システムツール → Oracle VM VirtualBox → [設定]アイコン → [システム]タブ → [マザーボード]タブ
で、「3072MB」などと指定します。
memory

VirtulBoxにWindowsをインストールする詳細、その他:

Waffle Cell v1

仮想デスクトップ
仮想PCの作り方

Waffle Cell v2

仮想デスクトップ
仮想PCにWindowsをインストール

 

※インストールする分、Windowsのライセンスを購入する必要があります。

※Waffle Cell v1の方は「Waffle Cellユーザー名」を「Waffle Cellユーザー名」と置き換えてお読みください。