仮想デスクトップで日本語入力ができない

仮想デスクトップを再起動した後などに、日本語入力ができなくなる場合があります。

  1. 端末を起動
    仮想デスクトップ画面左上、アプリケーション → システムツール(バージョンによってはアクセサリー) → 端末 クリック。「端末」画面が表示されるので

    ibus-daemon    -rdx

    と入力し、エンターキー。

  2. 仮想デスクトップ画面右上にキーボードアイコンが表示されるか確認
  3. キーボードアイコンが表示されたらキーボードアイコンをクリックし、「設定」を選択後、入力メソッドタブで「現在の入力メソッドの設定」でMozcを1番上に移動。ダイアログを[閉じる]
    バージョンによっては「使用するインプットメソッドをカスタマイズ」にチェックを入れて、Mozcを1番上に移動。ダイアログを[閉じる]
  4. iBusの再起動
    キーボードアイコンをクリックし「再起動」クリック。