全額助成でWaffleCellを導入!

東京都テレワーク助成金(はじめてテレワーク)

東京都「はじめてテレワーク」助成金説明会

東京都に事業所(営業所等を含む)をお持ちの企業様で「はじめてテレワーク」を利用して助成金を申請した皆様向けの無料説明会を以下の通りおこないます。 先着40社です。

日時 2019年6月13日(木) 10時〜11時30分
会場 東京セントラルユースホステル会議室
申込(先着40社) 説明会への申込はこちらから (お問い合わせはこちらから

助成金について

東京都は「はじめてテレワーク」という助成金事業を本年度開始しました。この助成金は在宅勤務に繋がる各種サービスの初年度費用を100%支給するものです。
募集要項


注意: 従業員数2〜99名(6か月以上継続して雇用していること)に対して40万円(*1)(全額)を助成。ただし制度準備費10万円(*2)を含む。 また、都内に事業所がある企業が対象となります。(*3)

(*1) WaffleCell本体、サポート費用など一式が助成されます
(*2) 在宅勤務の就業規則変更にかかわる費用
(*3) すでに在宅勤務の就業規則がある企業は対象となりません


これを機会にWaffleCellを導入しましょう!

WaffleCellには在宅勤務に使える機能が満載です

  1. 外部からVPNを経由し、すべての社内データにアクセス可能
  2. ファイルの共有(≒Dropbox)やテレビ会議機能を搭載(≒Skype)
  3. 社内コミュニケーション機能も搭載(≒Slack)
  4. クラウドと違い他人にデータを預けず社内にすべてのデータを持てます


WaffleCellであれば二年目以降も続けて利用可能

クラウドの利用で助成金を申請した場合初年度のみが対象です。しかしWaffleCellは二年目以降もそのまま使い続けられます。

種別 初年度 2年目 3年目
クラウド 30万円(全額助成) 30万円 30万円
WaffleCell 30万円(全額助成) 0円(*4) 0円(*4)
(*4)代理店により、二年目以降有料サポートオプションを設ける場合もあります。


助成金を使った商品購入までのおおよその流れ

1) 東京都の無料コンサルを受けます
  コンサルではテレワークの目的やその方法などの説明を受けます
2) 認定商品から「WaffleCell」を選びます
3) 導入後、助成金を受け取ります

※ 今回の助成金は総額21億円です。予算がなくなると本制度は終了いたします。

ワッフルコンピュータ株式会社 / 株式会社テグレット技術開発

説明会への申込はこちらから (お問い合わせはこちらから