仮想PCのWindowsを10にアップデート

期間終了後も続いているWindows10の無償アップデートの仕方です。

(1) 事前の注意点
Windows7やWindows8で問題がない場合は何もしないのも選択肢の一つです!
仮想PCのWindowsのタスクトレイにある 田 をクリックしてもWindows10にアップグレードできません。

(2) Windowsの確認
仮想PCのWindowsが32か64bitか、Windowsキー + Breakでシステム起動して確認します。
何bitか確認したら仮想PCのWindowsを終了します。

(3) 仮想PCのWindowsをバックアップ
こちらの説明にそって仮想PCのWindowsをまるごとバックアップします。
→ このバックアップにより万一の場合、元のWindowsへ戻すことが可能です

Windowsのバックアップは必ず実行して下さい。

(4)自動アップデート
仮想デスクトップの画面左上 アプリケーション → システムツール → Oracle VM VirtualBox クリック。
下図に従ってVirtualBoxのバージョンを「Widnows10」にします。32か64かを注意して選択して下さい。

VirtualBox からWindowsを起動し、Windows10にアップグレードします。

w10vb

(5) Windows10のダウンロード
仮想デスクトップ画面左上 アプリケーション → インターネットからブラウザを選択してください。
以下のサイトから「Windows10」をダウンロードします。ダウンロードしたisoファイルを
例えばデスクトップにコピーします。32か64ビットかの選択を注意して下さい。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

「Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード」
という画面が開いたら、画面の指示に従ってダウンロードしてください。

※仮想PC(Windows)のブラウザでは、「Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のダウンロード」の画面が開かないので、上記URLを「仮想デスクトップ」のブラウザのアドレスバーに貼り付けてください。

(6)ISOファイルを光学ドライブとしてマウント
仮想PCのWindowsを起動し、下記画像に従ってISOファイルをマウントします。
w10mt

(7) setup.exe の実行
仮想デスクトップ 画面左上 「場所」クリック。
isoファイルの中にあるsetup.exe実行。
あとは画面の指示に従ってWindows10にアップデートします。
w10iso

(8)VirtualBoxの拡張機能インストール
こちらの説明ページに従い、VirtualBoxの拡張機能インストールします。

【エラーが出た場合】
※1  「CompareExchange128 がサポートされていない」
・アプリケーション → アクセサリ → 端末 クリック。
・「端末」画面で以下のコマンドを実行。
VBoxManage setextradata “名前” VBoxInternal/CPUM/CMPXCH16B 1
ここで「名前」はVirtualBoxで指定しているパソコンの名前

※2 「お使いのプロセッサでNXがサポートされていないため、Windows10をインストールできません。」
VirtualBox → 設定 → システム → [プロセッサー]タブ PAE/NXを有効化のチェックを付ける。
w10nx

※3 下記の画面が表示された場合、そのまま「確認」クリックして進んでください。上記(8)VirtualBoxの拡張機能インストールしていただければ問題ありません。
w10err