SAMBAとファイルサーバーの違い

Linuxでファイルサーバーを構築するときに使うソフトウェアがSAMBAです。Linuxを使ってWindows向けのファイルサーバーを構築できるため広く利用されています。

Waffle Cellで「一般ユーザー名」を作成すると「一般ユーザー名」と同じ名前の共有領域が自動的に作成されます。

例えば、管理者が佐藤さんに「一般ユーザー名」を割り当てる場合、
sato という「一般ユーザー名」を割り当てます。
その結果、佐藤さんはWaffle Cell上のsatoというフォルダを使うことができます。

◆Waffle Cellの中にある(接続している)Windows PCで、佐藤さんがファイルサーバーの自分の領域(この場合はsato)にアクセスする方法

Windowsキー+Eを押し、エクスプローラ起動。
エクスプローラーのアドレスバーに以下のように入力し、Enterキーを押します。

¥¥L.<ホスト名>.wafflecell.com¥<フォルダ名>¥

上の例の佐藤さんの場合であれば、
¥¥L.example.wafflecell.com¥sato¥
などと入力します。

ネットワークパスワードの入力を求められますので、
管理者からもらった「一般ユーザー名」「一般パスワード」を入れます。
fs02

OKをクリックすると接続します。
接続している間はCドライブやDドライブをアクセスするのと同じように
¥¥L.example.wafflecell.com¥sato¥ をアクセスできます。

「一般ユーザー名」の作成の仕方はこちら
「●手順3-2 一般ユーザー名作成」をご覧ください。